オーストラリア

オーストラリアを訪れる方にお伝えしたい『乗り物事情』11項目

オーストラリア乗り物事情アイキャッチ

飛行機、電車、バス、フェリー、車、リムジン、レンタカー、自転車など利用してオーストラリアを乗りこなしている「りとまろ」(@litmaro)です

オーストラリアと日本の違い

気候自然
生活文化
お買い物
飲食サービス
『乗り物事情』(←今ココ)
道路交通

の6ジャンルでお届けします

今回は、
オーストラリアの飛行機、電車、バス、フェリー、車、自転車など『乗り物事情』に関係する情報を紹介いたします

この記事を読むだけで、

・オーストラリアと日本の『乗り物事情』の違い

が分かりますよ

乗り物事情編

セントラル駅ブリスベンコンコース

オーストラリアへ向かう瞬間から旅行中、帰国に至る全行程において移動手段として乗り物を活用すると思います
移動するだけで新しい発見がいっぱいの海外!

お得な乗り方から注意すべき点まで、オーストラリアの乗り物事情編をみていきましょう

カンタス航空の預け荷物は投げ荷物

カンタス飛行機ボディ

屈強な男たちがどれだけ重いスーツケースを投げられるか勝負していると聞いたことがあります
こわれものタグ(FRAGILE)と重いタグ(HEAVY)を付けてもらって預けた、お土産満タンのスーツケースが2つとも破壊されて荷物受取所から出てきました

まろん
まろん
投げないでー!

空港の裏側では一体どんな扱いをされているのでしょうか
世の中で絶対に見てはいけないものシリーズに入れてほしいです

破壊された外国製のスーツケースが完治した情報は「飛行機でスーツケースが2つとも破損!海外旅行保険で直るのに37日間」をご覧ください

破損スーツケース修理ヘビータグ
飛行機でスーツケースが2つとも破損!海外旅行保険で直るのに37日間海外旅行でスーツケースが破損しました!海外保険で修理できるのでしょうか?飛行機に預けたスーツケースが壊れされました。どうしたらよいでしょうか?海外旅行保険でスーツケースの破損は修理の対象なのか知りたいです!外国製スーツケースが壊れても海外旅行保険で修理が可能なのか教えてください!海外旅行保険でスーツケースが直るまでにどのくらいの日数が掛かりますか?...

カンタス航空でバンダバーグジンジャービアを頼もう

バンダバーグジンジャービアラベル

オレンジ色の缶が特徴のバンダバーグジンジャービアは、機内でオレンジジュースやコーヒーなどと同様に無料で頂ける缶の炭酸入りソフトドリンクです
ノンアルコールの極甘口ジンジャーエールに少々ピリリとショウガの刺激が加わった子どもでも飲めるジュース
ウィルキンソンの甘口ジンジャーエールと辛口ジンジャーエールをハーフ&ハーフで割ってさらに甘くした感じです
原材料にサトウキビも使われているため、茶色と言うよりもレモン色に近い液体色です
座席ポケットの機内誌にあるメニュー表にも記載はないですし、キャビンクルーに飲み物の種類を伺ってもほとんどの場合紹介されません

ミールカートに積まれたバンダバーグジンジャービア
見えてはいますがミールカート(サービストローリー)の中段に隠し持っているような状態です
数に限りはありますが、知っている人が少ないため3,4個は余裕で貰えます
缶とコップで提供されるため、まるで子どもビールを飲んでいる気分になれます
機内で試してみて、お口に合えばスーパーで箱買いしても良いでしょう
機内に搭載されているバンダバーグジンジャービアは1種類です
スーパーのドリンクコーナーには、瓶タイプでバンダバーグ社が提供する他のバリエーションも陳列されています

ショッピングモールやスーパーでは要チェックです

電車遅延は当たり前!レール工事やストライキで運休頻発

パース駅プラットホーム

10分電車が遅延しても『お急ぎのところ電車が遅れまして申し訳ございません』のアナウンスはありません
それどころか日中に予告なしで電車が運休しているケースはよくあります
レール工事はトラックワーク(track work)と呼ばれていて、その路線は運転見合わせになるのです!
特に土日!
ただでさえ不慣れなオーストラリアで予定している公共交通機関が使えないのは困った話です

りとる
りとる
早めの行動を心掛けようね

人気の街では無料の公共交通機関が運行している

オーストラリアの主要都市には、無料で乗ることができる公共交通機関が提供されています

パース・フリマントル・ジューンダラップ
無料バスキャット(CAT:Central Area Transit)

キャットの名の通り、バスやバス停には巨大な猫の絵が施されているため分かりやすいです
バス停には何分後にバスが到着するか、デジタル表示されています

まろん
まろん
待ち時間の表示が突然5分短くなったりするけどね

TransPerthアプリ公式サイトから運行状況などを確認することができます

ブリスベン
無料バスフリーループ(Free Loop)
無料フェリーシティホッパー(City Hopper)

ブリスベンは小さな街ですが、坂道になっている場所もありますのでバスを利用する価値は十分にあります
フェリーは、ブリスベンを流れるブリスベン川を無料で巡回してくれますので、立ち並ぶビル群をブリスベン川から爽やかに眺めることができます
TransLinkアプリ公式サイトから運行状況などを確認することができます

メルボルン
無料トラムシティサークル(City Circle)

メルボルンの名所をなめまわすように運行しているため、観光での利用には最適です
夜10時まで走っているのは嬉しいポイントです
PTVアプリ公式サイトから運行状況などを確認することができます

アデレード
無料バスシティコネクターバス(City Connector bus)
無料トラムフリーシティトラム(Free city tram)

動物園・美術館・チャイナタウン・セントラルマーケットなどへ無料でアクセスすることができます
metroMATEアプリ公式サイトから運行状況などを確認することができます

りとる
りとる
人気の街に無料で運行しているのは助かるわ

シドニーの電車はほとんどが2階建て

シドニー電車紫色席

通常の乗車運賃で1階2階どちらも利用可能です
中2階の座席もあったりします
2階席の方が景色は良く、車輪からの振動も少なく感じます

まろん
まろん
2階席に座るとなぜか旅行している気分になるね

2019年05月26日に開業したシドニーメトロノースウェスト線は1階建て車両です

シドニーの公共交通機関はオパールカードが超絶お得!

オパールカードたち

オパールカード(Opal Card)は、電車・バス・フェリー・ライトレール(路面電車)などの公共交通機関で利用可能な交通系ICカードのことです(デポジット無料)

オパールカードには様々な割引制度が設けられています

<オパールカード割引制度(抜粋)>

 割引項目割引内容
毎日の運賃上限
(日曜除く)
A$16.1(以降無料乗車)
日曜日の運賃上限
(日曜限定)
A$2.8(以降無料乗車)
1週間の運賃上限
(月曜~日曜計算)
A$50.0(以降無料乗車)
1週間の乗車回数
(月曜~日曜計算)
8回まで通常料金(以降半額料金)
オフピーク30%割引月曜~金曜07:00~09:00以外
月曜~金曜16:00~18:30以外
60分以内の再利用
(同じ公共交通機関限定)
トータル移動距離分で運賃計算
( 電車⇒電車 など)
別の公共交通機関へ乗換A$2引き
(バス⇒フェリーなど)

オパールカードの計算は、
毎日04:00~27:59(翌日03:59)
月曜04:00~日曜27:59(月曜03:59)
で計算されます

乗車運賃は年々0.1豪ドルほど値上がりしています
最新のオパールカード割引制度については公式サイトでご確認ください

オパールカード割引制度
 ref Opal benefits | transportnsw.info

日曜日にシドニーからスリーシスターズが見られるエコーポイントまで電車とバスを乗り継いで往復しても、A$2.8しか掛かりません

まろん
まろん
帰りはパラマタで電車を降りてフェリーでサーキュラキーまで行くのがおすすめ!

オパールカードは、駅構内の券売機では入手できません
駅のキオスクやセブンイレブンで取り扱いがあり、発行可能です

オパールカード取扱店マップ
 ref Opal retailers | transportnsw.info

まろん
まろん
セブンイレブンのレジで直ぐに発行できた!
りとる
りとる
現地の方は『オーパルカード』って発音していたね

オパールカードトップアップ
駅の券売機ではオパールカードへのトップアップ(チャージ)をすることができます

<トップアップ 支払い方法>

支払い方法キャッシュ
Master Card
VISA
eftpos(デビットカード)

現金またはクレジットカード(VISA・MasterCard・eftpos(デビットカード))で可能です

電車の座席は硬い

シドニー電車青色席

ゴールドコーストのGLinkも、シドニーのSydneyTrainsも、パースのTransPerthも、どの電車に乗っても日本のようなふかふか座席に出会うことはできません
ツルツルのプラスチック椅子なんてこともあります
お尻の薄い方は、気を付けて乗車してください

まろん
まろん
30分も乗ってたらお尻がジンジンしてきた・・・

お尻の下に何か敷くか、立ち乗りで異国の景色を眺めましょう

ロットネスト島へ行くフェリーはエチケット袋が配られる

ロットネストエクスプレスフェリーエチケット袋

パースから西の沖合い18kmほどのところにあるロットネスト島へは、事前予約制の有料フェリーでインド洋を30分ほど航海して行く方法が一般的です
このフェリーがとんでもなく揺れて跳ねて傾きます
何処かに掴まっていないと立っていることはできません
どんな波でも切り裂いてグングン進んでいく勇ましいフェリーです
フェリーの上から繁吹いた海水がザーザーと流れてきて甲板は水浸しです
こんなフェリーに揺らされれば、気分が悪くなる方も出てきます

航海中は、スタッフがA4サイズのエチケット袋を携えて巡回してくれます
欲しい方は手を挙げて合図し、無料で何枚でも受け取ることができます

往路だけでなく復路も同じく揺れて跳ねて傾きますので、必要な方は酔い止めを持参しましょう

まろん
まろん
インド洋の航海って大変なんだなぁ

ロットネスト島で自転車レンタルは修行

ロットネスト島アップダウン道路

一日A$15ほどでレンタルできる自転車は、行動範囲が広がり自由度が増すアクティビティとして観光客に人気です
しかし1度レンタサイクルをしたら『1回でいいかな・・・』と思うことでしょう

レンタサイクルが修行な理由
・小さな荷台のみでバックパックは背負い
・島のほとんどが坂道で且つ急勾配
・風が強くて自転車が全然進まない
・道中は日陰がほぼなく日焼け確実
・木が少なく雨が降ったらずぶ濡れ確定
・冷房効いたツアーバスにあっさり抜かれる
・そもそも飲食店のないエリアでクオッカに会えない

地元の方々も自前のお高そうなマイバイクを走らせていますが、観光ではなくトレーニングに来ているようです

まろん
まろん
脚パンパンでお尻も痛いし4時間自転車漕いでクオッカ1匹も見なかった

雨風急勾配と日焼けに打たれて散々なのに、癒しのクオッカにすら出会えないレンタサイクルなんて修行でしかありません

交通系ICカードの反応は最強に不機嫌

オパールカードもう一度試してください

日本の交通系ICカードのタッチ反応及び認証率の良さは素晴らしいです
オーストラリアの交通系ICカードは、タッチの反応は悪いし認証にも失敗しまくりです
後ろが詰まっていたり、急いでいるときには最悪です

パトロールや見張りの方にタッチし忘れたことがバレた場合は、罰金です
クレジットカードリーダーが出てきてスマートにその場で罰金のお支払いが可能です

まろん
まろん
カード社会のオーストラリア恐るべし!

乗車時にタッチ(タップオン)して降車時にもタッチ(タップオフ)します
主要駅は日本と同様に改札があります
バスは車内にリーダーがあります
改札のない小さな駅・フェリー・ライトレール(路面電車)は、ホームにリーダーがポツンと設置されています

りとる
りとる
タッチしてしっかりと乗ったこと降りたことを記録させようね

Uberのシェア乗りUber POOLが安くて楽しい

ウーバープール予定表

配車アプリUber(ウーバー)は、移動手段として大活躍します
都市部ではたくさんのUberが走っていますので、利用者の現在地とドライバーがすぐにマッチングされて数分で来てくれます
行き先は事前にUberで設定しますし、配車する前に移動料金が表示されますのでぼったくりの心配もありません
夫婦やカップル・友だちなど2人以上で乗れば、バスや電車を利用するよりも安く行きたい場所へピンポイントに移動することができます
支払いもUberアプリに登録している決済方法で行われますので、クレジットカードや現金に触れずに乗って降りるだけの単純作業です
一般車から高級車、スーツケースがたくさん乗るワゴン車など、利用回数を重ねればいろんな種類の車に乗ることができるのもUberの醍醐味でしょう

Uberで配車をする際の移動料金が選択できる画面で、Uber POOLという車が際立って安く設定されています

まろん
まろん
通常よりも60-70%OFFの価格!

距離にもよりますが2名で1回200円ちょっとの料金です!
Uber POOLは、移動方向が類似している別の利用者を、途中停車して空席に乗せたり降ろしたりする効率化重視の機能です
最短時間での移動とはならないものの、見ず知らずの方が乗り込んでくる感覚は新鮮です
話が盛り上がって仲良くなることもありますし、とにかく安くて敷居が低いのが特徴です

時間の限られた旅行者にはコスパの良い移動手段と言えます

オーストラリアを乗りこなそう!

リムジン内側

今回は、
オーストラリアの飛行機、電車、バス、フェリー、車、自転車など『乗り物事情』に関係する情報を紹介いたしました

オーストラリアと日本の違い

気候自然
生活文化
お買い物
飲食サービス
『乗り物事情』(←今ココ)
道路交通

の6ジャンルでお届けします

オーストラリアの各都心部では、飛行機、電車、トラム、バス、フェリー、Uber、リムジン、レンタカー、自転車など移動手段は充実しています

カンタス航空の預け荷物にこわれものタグ(FRAGILE)と重いタグ(HEAVY)を付けてもらっても、丁寧に扱って頂けるとは限りません
機内ではバンダバーグジンジャービアを忘れず注文しましょう

電車遅延やレール工事は常に行われています
余裕を持った行動を心掛けましょう

配車サービスUberは日本でも有名ですが、Uber POOLは2名で1回200円ちょっとの料金
電車やバスを待つ時間もなく、時間的効率は素晴らしいです

移動手段をフル活用して、オーストラリア大陸を乗りこなしちゃってください

オーストラリア気候自然アイキャッチ
13の知っ得!オーストラリアの『気候や自然』が旅をもっと楽しくさせる!オーストラリアの日差し、天候、天体現象、植物、生物など『気候自然』に関係する情報を紹介します。南半球は季節が逆?冬でも日焼けする?300日以上快晴?月の満ち欠けが逆?流れる水が逆回転?全身レインボーの鳥?クオッカって?...
オーストラリア生活文化アイキャッチ
オーストラリアで知った27の驚き!異国の『生活や文化』に順応しよう!オーストラリアのお金事情、ビーチ、Wi-Fi、服装、体型、ごみ箱、治安、お手洗い、階層、コンセントなど『生活文化』に関係する情報を紹介します。消費税は?チップは?BBQコンロが無料?タトゥー警察官?大麻黙認?Superdry 極度乾燥(しなさい)?...
オーストラリア御買い物アイキャッチ
オーストラリアのスーパーでびっくり23選!無料の果物?会計前に開封?オーストラリアのスーパーの仕組み、安い食品、品揃え、包装、酒類の取り扱いなど『お買い物』に関係する情報を紹介します。スーパーに過激な広告?ネット(NETT)とは?営業中に巨大マシンで掃除?ダイソーが100円均一でない?レシート裏に割引広告?...
オーストラリア飲食サービスアイキャッチ
日本人が知らないオーストラリア『飲食サービス』11の基本オーストラリアのメニュー表、料理の素材、接客スタイル、タバコ事情、お酒、クレジットカード支払いなど『飲食サービス』に関係する情報を紹介します。メニューに隠語?ブロッコリーニ?全面禁煙?屋外は禁酒?ビールグラスの呼び方に注意?カードは自分で挿す?...
オーストラリア道路交通アイキャッチ
【初心者必見!】オーストラリアで知った13の『道路交通』情報オーストラリア滞在中に利用することの多い車、横断歩道など『道路交通』に関係する情報を紹介します。国際免許証不要のレンタカー?交差点に信号がない?制限速度が130km/h?オージーは運転荒い?カンガルーが車に飛び込んでくる?飲酒運転は可能?...

「りとまろ」(@litmaro)で記事更新情報を配信しています
是非、ツイッターフォローよろしくお願い致します

おしまい

ABOUT ME
litmaro@新婚夫婦
ブリスベン市と横浜市に婚姻登録されているオーストラリアでの海外挙式リーガルウェディング経験20代夫婦
合わせて読まれている記事